生姜とウコンの違いを比較

スポンサーリンク

生姜とウコンの違いをわかりやすく比較していきたいと思います。

生姜とウコンは見た目も非常によく似ており普段目にしない人が見るとどっちがどっちだかわからなくなると思います。

ただし見た目は同じような感じでも含有成分や効能は大きく異なります。

以下にその違いを簡単にまとめてみました。

 生姜ウコン
科名ショウガ科ショウガ科
属名ショウガ属ウコン属
学名Zingiber officinaleCurcuma domestica
主成分シネオール、ジンゲロール、ショウガオール精油成分、クルクミンなどのポリフェノール
効能血行促進や新陳代謝の活発肝機能増進

生姜は香辛料や生薬として利用されてきた歴史があり、漢方薬に使われていることも多いです。

それだけ体にいい成分が多く含まれているということですね。

ウコンは香辛料の他には着色料としても利用されており、昔はたくあんの黄色はウコンによって着色されていたそうです。

日本ではお酒を飲んだらウコンというほど知名度が高いですが、その働きを担っているのが主成分であるクルクミンです。

ちなみに日本でウコンというと秋ウコンのことを指しているのですが、ウコンにはほかにもいろいろな種類があります。

ウコンは英語ではターメリックとなるのですが、料理をする方はカレーなどにいるスパイスとして知っている人も多いと思います。

このようにウコンと生姜は見た目は似ていても中身が大きく異なるので、毎日の献立を考えたりサプリメントを選ぶ際にはそれぞれの効能をよく把握してから購入するようにしてくださいね。

コメント